TEL:078-303-5600 平日9時~18時

トップ > 神戸ルミナリエ オリジナルサウンドCD ‐オンラインショップ‐

神戸ルミナリエ オリジナルサウンドCD
‐オンラインショップ‐

(C)KOBE Luminarie O.C.

神戸ルミナリエ2015

心の中の神戸 (NEL CUORE KOBE)
新曲5曲と2011年、2012年、2013年の楽曲を含む合計11曲のベストアルバム。
明るい未来への一歩を踏み出すきっかけとなりますように・・・

価格 ¥1,500(税込)
注文する

収録曲目

 
1. 喜び ~Laetitia~  
2. 永遠なる平和を ~Pax aeterna~  
3. 彼らを照らして下さい ~Luceat eis~  
4. 優しさ ~Clementia~  
5. 夜明け ~YO-AKE~  
6. 未来につながる ~Conjugere futurum~  
7. アヴェ・マリア ~Ave Maria~  
8. 光の花束 ~Lux floris fascicule~  
9. 前へ ~Procedite~  
10. きよらかな光 ~Lux integra~  
11. 心と心 ~Cor et Cor~  

作者からのメッセージ

歳月かけて築き上げた歴史と文化の都市神戸に対しても、自然は 容赦なく神戸に受難をもたらしました。 それでも神戸は、人々の勇気と団結力、そして人々の神戸への熱い思いによって再建を果たしました。
市民一人一人そして国中の人の心の中にある神戸への思いが、神戸を再び美しい文化都市へと再生させたのです。
神戸は、歴史ある文化都市そして輝かしい復興の地として、多くの人々の心の中に刻まれています。
これからも希望と再生の象徴として、夢と文化の灯台として、 私たちの心の中で神戸は輝き続けます。

制作ディレクター ダニエル・モンテベルデ


 KOBEルミナリエも21回目を迎えました。私が音楽を担当して、もう17年目。その時間の流れの中で、神戸の街は見事に復興を遂げ、震災の傷痕を見つけることはしだいに難しくなっています。未来に羽ばたく時期なのだと思います。ただやはり震災で亡くなった多くの方々のことを忘れてはいけない、震災の記憶を風化させてはいけないはずです。
今年の音楽はそんな思いを込めて、新しいアプローチで作曲しました。

作曲家・サウンドプロデューサー 上田 益


上田 益 プロフィール

上田 益

作曲家、サウンドプロデューサー。1956年大阪生まれ。
レクイエム・プロジェクト実行委員会代表。
京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業。廣瀬量平氏に師事。京都音楽協会賞受賞。1980年度文化庁芸術家国内研修員に選出され、東京において研鑽を積む。
1982年、関西での本格的な活動を開始し、以後1994年秋に拠点を東京に移すまで、クラシック音楽の演奏家からの委嘱により、数多くの作品を発表。また自らも作品展を2度開催する。
これまでに広島アジア競技大会「開会式」「閉会式」のパフォーマンス音楽、長野オリンピック・公式楽曲「WINTER FLAME」などイベント音楽や、NHKテレビの番組用音楽をはじめ、「1リットルの涙」「黒革の手帖」などのテレビドラマ、アニメなど様々なジャンルにおける創作活動を行なっている。
1999年から神戸ルミナリエ会場演出用の音楽を担当。以後毎年ルミナリエのための作曲を現在まで続け、その追悼と希望の楽曲は既に100曲を超えている。2005年からは阪神淡路大震災の犠牲者のための「追悼コンサートいのりのとき」を神戸市内で毎年開催。2008年より2年がかりで、震災から15年となる2010年1月17日に向けた「レクイエム・プロジェクト」を神戸で実施し、「レクイエム~あの日を、あなたを忘れない~」(全音楽譜出版社刊)を作曲。その活動の輪は東京、沖縄、長崎、広島、兵庫県、および東日本大震災被災地・仙台、北いわてなど自然災害や戦争で傷ついた地域に広がり、大船渡や陸前高田の被災者の方々も参加している。また福島、南相馬、気仙沼でも関連活動を行う。
この活動の一環として、東日本大震災被災地でもある福島の詩人・和合亮一氏に詩を依頼し、日本語によるレクイエムともいえる混声合唱組曲「黙礼」(カワイ出版刊)を2011年秋に作曲。その女声版や女声合唱組曲「いのちのまなざし」も同出版社から出版。このほか合唱作品には、全音楽譜出版社から「スターバト・マーテル~悲しみの聖母~」、混声合唱組曲「遥かなる海へ」、混声合唱作品集「ふるさとのうた、いのちのうた」、女声合唱のための「4つの愛のうた」、児童合唱組曲「今この時を」などが出版されており、合唱作品も多数。
2014年10月には、モーツァルトとも所縁が深く、約850年の歴史があるウィーンの聖シュテファン大聖堂において、自身のレクイエムを日本の各被災地から参加したソリストや合唱団、現地のプロ・オーケストラとともに大聖堂主催公式コンサートに於いて演奏し、大聖堂史上初めての日本人作曲家のレクイエム演奏として大成功を収める。東日本大震災から5年となる来年2016年には、バチカンからの特別な許可を得て、サン・ピエトロ大聖堂でのミサ、システィーナ礼拝堂、アッシジのサン・フランチェスコ聖堂、フィレンツェの歴史的教会で各被災地からの合唱団有志と共に「復興祈念、平和への祈り」と題した演奏を行うことになっている。


Voice=Spective(ヴォイスペクティヴ)

パリ在住の鍵盤奏者畑野佳恵と声楽家眞木喜規が中心となり結成。中世から近現代までの声楽曲を様々な編成・形態で立体的に再構築することを目指している。定期演奏会では明確なコンセプトに基づいたプログラムが好評を博している。
 2016年にはザ・フェニックスホール主催フェニックス・エヴォリューションシリーズに選ばれ出演予定。

【Tenor1】木下 紀章

【Tenor1】木下 紀章

【Tenor2】眞木 喜規

【Tenor2】眞木 喜規

【Bass1】森 敦

【Bass1】森 敦

【Bass2】武久竜也

【Bass2】武久竜也


神戸いのりのとき合唱団 プロフィール

作曲家・上田益が、震災から15年目の2010年に向けて行った「レクイエム・プロジェクト」の趣旨に賛同して集まった阪神・淡路大震災の被災者を中心とする合唱団。2008年に結成され、現在団員は約65名。
 震災の犠牲者の追悼と、未来への希望を、上田益が作曲した「レクイエム~あの日を、あなたを忘れない~」に込めて歌った2010年1月17日のコンサートでは、2000人近い聴衆の心に深い感動を与えた。2009年からルミナリエの音楽に参加し、今回で7年目となる。
 また全国各地に活動の輪が広がっているレクイエム・プロジェクトの中心的存在として、精力的な活動を続けている。

<ソプラノ>
安積 祐美、大槻 英子、木戸 登紀子、高田 薫、三木 慶子、杢谷 啓子、中村 せい子、久世 晶代、広井 かほる、堀江 千枝子、堀 慶子、岸田 敬子、阿山 佳子、中川 由希子、片山 映子、西村 尚子、熊谷 厚子、石塚 裕子、寺町 香織、仲 美砂里、岩橋 眞由美、米川 正子、高田 裕子、友岡 純子、藤岡 敏子、岡村 覧、宍倉 正子、佐野 日汀子、山下 悦子

<アルト>
青山 真理子、礒田 尚実、岩崎 恵美子、亀井 純子、河村 晶子、安栗 奈美、谷本 瑞子、野々村 しのぶ、林田 裕子、三宅 のぶこ、村上 玲子、山下 紀美江、吉田 有美子、和田 神奈子、辰巳 由美子、浅野 美佐子、高田 万里、萩原 真理子、中津 智子、宮田 瑞江、吉川 景子

<テノール>
青山 佳弘、稲山 信治、辻本 宏史、藤井 一郎、牧 孝仁、松本 義郎、山下 信行

<バス>
九重谷 昌寛、羽倉 義征、牧田 憲一、渡辺 猛、鈴木 健司、岡本 精二

<指導スタッフ>
緋田 芳江、北爪 かおり、栗木 充代、眞木 喜規、橘 茂

<合唱団ピアニスト>
林 葉子、陶山 薫子


長岡京室内アンサンブル

「地域ごとに独自の音色を持つオーケストラがあるヨーロッパのように、長岡京独自の音色、思想をもった演奏団体を育てたい」という理念の下、1970年代より欧米を中心に教育・演奏両面で国際的に活躍してきたヴァイオリニスト・森悠子が音楽監督となり、国内外の各地から優秀な若手演奏家を集め、1997年3月結成。指揮に頼らず互いの音を聴く「耳」を究極にとぎすませた独自のスタイルを特長に、その演奏の緻密で洗練された技術と凝縮力の高さ、独自の様式感覚を持った高度な表現法と音楽性の高さは、日本でも希有な存在と高く評価される。世界に活躍する場を広げるメンバーも多く、又新たな若人を受け入れつつ、常に進化するアンサンブルでもある。これまでに「第20回音楽クリティッククラブ賞」「エクソンモービル音楽賞・洋楽部門奨励賞」「ABC音楽賞・大賞」など受賞歴も多く、長岡京市より「文化功労賞」も受賞している。
 音楽監督の森悠子は、90年に京都フランス音楽アカデミーを創設、2010年まで21年間音楽監督を務めるなど、日仏文化交流の功績によりフランス政府から芸術文化勲章「シュヴァリエ章」「オフィシエ章」を授与されているほか、「京都府あけぼの賞」を受賞。現在、くらしき作陽大学音楽学部教授。

1st.Vn. 谷本 華子、 2nd.Vn. 森 悠子、 Va. 安積 宜輝、 Vc. 佐藤 禎


フルート

水越 典子水越 典子

京都市立芸術大学卒業。1988年より、シリーズコンサート「フルートのたのしみ」を、1997年より小品によるシリーズ「フルートのこかげ」を催し、フルート音楽の魅力を探り続けている。大阪芸術祭奨励賞受賞。滋賀県立石山高等学校音楽科非常勤講師。フルートアンサンブル リッルM主宰 。


「レクイエム・プロジェクト」とは…

上田益・作曲の「レクイエム~あの日を、あなたを忘れない」などを歌うことを通して、自然災害や戦災などの犠牲となった方々の追悼と、今を生きる"私たち"が「大切ないのち」を見つめ、未来への希望を奏でることを趣旨とした、市民参加型の合唱プロジェクト。現在、神戸、東京、兵庫県佐用町、沖縄、長崎、広島、そして東日本大震災・被災地の仙台、北いわてで活動が行われており、福島、南相馬、気仙沼でも関連した活動を行っている。
公式ホームページ http://requiem-project.jp/

レクイエム・プロジェクト
レクイエム・プロジェクト
レクイエム・プロジェクト

↑ページの先頭へ戻る

神戸ルミナリエ ‐オンラインショップ‐
「神戸ルミナリエ2015」について  「神戸ルミナリエ」CDのご注文 
特定商取引に基づく表示  プライバシーポリシー

◆ 「神戸ルミナリエ2015」スタッフ一覧 ◆
Music and Lyrics:Susumu Ueda Recorded at Xebec Hall Mixdown and Mastering at Xebec BoothD
CoProducer:Sadahiko Nakamura (Xebec)  Director:Kouji Mii (Xebec)
Assistant Director:Shoko Okabe(Xebec)  Recording Engineer:Hiromi Kubo(Eoto onkyo)
Assistant Engineer:Ami Iwamoto(Xebec)  Produced by Xebec  Jaket Design:Tadashi Wada Special Thanks:Yoshie Hida,Kaori Kitazume,Miho Shimomura,Mitsuyo Kuriki, Yuichi Okamoto,Shinya Hida,
Maryvonne Okamoto,REGINA J JUNO,Hideaki Nishihara,Satoshi Kawaguchi
協力:神戸ルミナリエ組織委員会



Event イベント
System システム
Contents コンテンツ